試しにアニソンを聞いてみる。

ボーカルの視点から音楽を聞いてみる。ころあずとへごちんを間違えたのは私だ/ページ下部でカウンター稼働中。たまに見てみて下さい/・歌手の話まとめ→https://goo.gl/VN63Wb/コンテンツの使用などに関して問題があれば撤去しますのでお伝え下さい。ご連絡はhttps://twitter.com/yfyamvまで

アイカツスターズ! 完走記念パピコ

 登場人物の精神的成長を描くにあたって、視聴者の登場人物に対する共感というのはどうしても必要な要素のうちの一つです。共感が強ければ強いほど、キャラクターへの思い入れは増し、キャラクターにとっての目の前の小さな一歩が将来の大きな一歩へと繋がっていくことが視聴者にとっても明らかになるからです。少なくとも私はそうした思いでアイカツを見てきました。最初は無印時代とのギャップを感じたりというようなこともありまして、アイカツスターズになじんでいくことに戸惑いがなかったわけではなかったと思います。しかしそんなことは後になってみれば些細な問題でした。こうして大団円を迎えたゆめちゃんとローラちゃん達5人のストーリーを胸に秘めて、自分も将来何か大きな目標へ向かっていくために努力しようという気持ちになれる、とても素晴らしい作品だったことと思います。私があと5つ若ければ……。

 

 裏の方の話をすると、個人的MVPはやはり柿原優子さんになるでしょうか。最初の方は正直セリフ回しや展開に違和感があったり、その辺りの感覚が自分の中で修正できてないままで劇場版に入ってしまったせいで、いまいちキャラクターとの一体感を得られなかったりとしたものの、総合的に判断して私は柿原優子さんの描いたストーリーに最終的には最大限納得し、それだからこそここまで欠かさずアイカツを見てこれたのだと思います。他に印象に残っている脚本家さんは成田良美さん、待田堂子さん、山口宏さん、野村祐一さんです。特に野村祐一さんの72話のラスト、小春ちゃんとゆめちゃんの掛け合いは未だに強く心の中に残っています。圧倒的な勢いを伴った小春ちゃんの独白からの畳みかけるような二人のセリフ「二人の一番星にたどり着くまで」……このシーンはこの物語の中で一番のお気に入りかもしれません。最後はローラとゆめちゃんの物語でしたけど、始まりは小春ちゃんとゆめちゃんの物語だったんですよねー。

 あとは、個人的に印象深かったのが守護このみさんの活躍でしょうか。82話は率直に言って極めてふわふわした脚本だったことと思いますが、89話は見事にそのあたりの違和感がなく、この短期間でこんなに人って変わるものなのか? と思わされたほどです。

 声優さんについては、あまり詳しくないのであれなんですが、日笠さんのエルザフォルテ82話冒頭のセリフに「九つのスタープレミアムレアコーデが揃うと/誕生すると言われている、太陽のドレス」というフレーズがあったと思うのですが、丁度スラッシュが入っている個所に編集点があるように個人的に感じられて仕方ありませんでした。すごくどうでもいいことなんですが、元は別のセリフだったのを継接いだとかなんでしょうかねえ……?

 そして、最後までキャラクターを歌い演じ分けたAIKATSU STARS! のメンバーの方々およびりささんは、お見事だとしか言いようがありません。個人的なお気に入りは、みほさんの真昼ちゃん(線の細さがあるものの、それを感じさせないような非常に地に足の着いた発声を伴った、素晴らしい歌唱でした)、ななせさんのリリィ(こちらも丁寧な発声で、個性的な歌を完璧に音源にしておられました)、みきさんのあこちゃん(作られた声が非常に可愛らしく、存在感のある歌唱が素晴らしかったです)、りえさんのローラ(主人公格のキャラの中では今までなかった力のあるタイプの歌唱が魅力的でした)、そしてせなさんのゆめちゃん(異論は多々ありそうですが、音源化されたものを聞いている限りでは、歴代主人公ズの中で一つ抜けた完成度のものが仕上がっていたと個人的には思っています)等がとても大好きでした。というか、もう全員大好きです。歌を愛してやまない一人の音楽好きの視点から見ても、アイカツと言う作品はとても満足が行く最高の作品だったと感じています。

 

 さて、今週、というか明日から始まる新シリーズからは、今までのように歌唱パートと声パートが分けられておらず、声優さんによる歌唱になります。主演キャラは松永あかねさん、木戸衣吹さん、美山加恋さん、二ノ宮ゆいさん、田所あずささん、大橋彩香さんということのようですが、筆者は浅学なためこの内歌を聞いたことがある声優さんが後ろ二人を除けば誰もおりません。(木戸衣吹さんに関しては、おにあいを見てからずっと陰ながら応援していたので、木戸衣吹さんがこのような形で再びビックタイトルの主演を演じる機会を得たことはとても歓迎しています。が、歌を聞いたことはないです……)そんなわけで、果たして今度の歌い手さんとしての声優さん達がどんな歌を生み出していくのか、とても楽しみにしています! しかし、全員中学2年生だという事は、やはり今回も2年間でのシリーズを予定しているということなのでしょうかねー……まあ、見ているだけの立場なりに考えることは色々あるんでしょうが、「とりあえず楽しむ」ということをまずは徹底して行っていきたいと思います。そんなこんなで、新年度もアイカツフレンズ及び当ブログをよろしくどうぞ~

 

・アイカツ カテゴリーの記事一覧 - 試しにアニソンを聞いてみる。