試しにアニソンを聞いてみる。

ボーカルの視点から音楽を聞いてみる。/ページ下部でカウンター稼働中。たまに見てみて下さい/・歌手の話まとめ→https://goo.gl/VN63Wb/コンテンツの使用などに関して問題があれば撤去しますのでお伝え下さい。ご連絡はhttps://twitter.com/yfyamvまで

アイカツフレンズ、高校3年生ズの2期楽曲の歌唱について

www.vmayfy.com

 星の数は上の記事の基準で付けました。早速ですが曲を見ていきましょう。

・ミライさん

www.youtube.com

(アイカツフレンズ!ミュージックビデオ『Niceなto meet you!』をお届け♪)

まとまり:★★★★★ 迫力:★★★★★

歌にする難易度:★★★☆☆

 相変わらず地に足の着いた、丁寧で歌の基本に忠実な歌唱です。高いところから低いところまで歌い手さんが持つ※地の声が使われており、非常に高いレベルでバランスがとれていて、ざっとみて特に文句のつけようがない音源にまとまっています。これからポピュラーの歌をはじめてみたいと思う人にとって一つの指針になるかも知れないぐらい、綺麗で素直な発声が使われています。

・カレンさん

www.youtube.com

(アイカツフレンズ!ミュージックビデオ『強く優しく美しく』をお届け♪)

まとまり:★★★★★ 迫力:★★★★☆

歌にする難易度:★★★★☆

 やや抜き気味の声が完璧にコントロールされており、相変わらず芸術点が高いです。その分、やや宙に浮いた部分がないと言えばうそになるかもしれませんが……そろそろ一曲ぐらい力で来る楽曲も聞いてみたいところです。

・アリシア

www.youtube.com

(アイカツフレンズ!ミュージックビデオ『あるがまま』をお届け♪)

まとまり:★★☆☆☆ 迫力:★★☆☆☆

歌にする難易度:★★☆☆☆

 個性としてはころあずのミライさんの歌唱から発声の力を抜いた感じに映りました。

 今回のソロ楽曲は一見綺麗に聞こえるものの、この歌い手さんから別のタイプの楽曲が聞ける自在性を感じるかと言われるとやや難しさがあります。少なくとも、他の3年生と比べると少し技術やボリューム的に欠ける部分があり、ミックス主体の歌声の中に訓練された聞き手でないと中々分かりずらい発声の軽さがあります。……この歌をどうやって響と合わせるのかやや注目です。

・ひびき

www.youtube.com

(アイカツフレンズ!ミュージックビデオ『Be star』をお届け♪)

まとまり:★★★★★ 迫力:★★★★★

歌にする難易度:★★★★☆

 地声の力で言うとフレンズに限らず、アイカツシリーズの今までの歌い手の中だと最も秀でていると感じさせます。ただ、地声の安定感(というのも手垢に塗れた表現ですが)が高い分すんなりと裏に抜けて行きづらく、楽曲の構成が一辺倒になりやすく、歌の中に表情を感じづらい部分があるのも事実です。ここにファルセットの自在性が加わると、鈴木このみカーストに入れるような素晴らしい歌い手になれるように思います。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

www.youtube.com

(アイカツフレンズ!ミュージックビデオ『新たなるステージへ』をお届け♪)

歌の力……響:★★★★★ アリシア:★★☆☆☆

二人のマッチアップ:うーん……?

 

まとまり:★★★☆☆ 迫力:★★☆☆☆

歌にする難易度:★☆☆☆☆

 ……というわけで、想定外の速さで公式に動画が上がったので後出しじゃんけんになってしまったのですが、アイビリーブの楽曲に対してレビューを付けて行こうと思います。

 まず先に取り上げたアリシアと響のそれぞれの楽曲を聞いた感じだと、この二人は合わせるのに苦労しそうだなという第一印象にたどり着きました。アリシアの歌唱は線が細い上に使わせることのできる音域が狭いため、パート分けを余程慎重に行わない限りは、上から下までギャップなく、広く声を使うことが出来るという響のいいところを活かすことは出来ないだろうと。逆に響の方に合わせようとすると、アリシアがそもそも歌えないみたいになることは想像に難くないです。

 そうした軽い考察の上で上のアイビリーブの楽曲を聞くと、まず出足からそれぞれの歩調を合わせることの苦労が見て取れます。開幕から暫くの間、響は単純に歌わせてあるのに対し、アリシアは倍音を増やすためにハモらせてあります。まずこの構成は必然的です。Bメロからはもっと単純な構成になりますが、ここらへんでこの楽曲の風呂敷を広げ切れなさというか、アリシアのシンプルなリズム、メロディーでないと聞かせられない歌と響のシンプルなリズム、メロディーだと聞かせづらい歌の間で上手い事規模感を演出するのに苦労しているのがありありと伝わってきます。サビは、響の性能を活かせる中でアリシアにも歌えるという落としどころを探した結果、そのどちらもを中途半端に満たそうとしてこの楽曲の形になったというところではないかなと思います。うーん……かと言ってこの二人でどうやって合わせるかってのも難しいところがあると思います……。

 

 アイカツフレンズのここまで出て来たフレンズ(ユニット)は、大体歌の力が同じぐらいのキャラ同士で構成されていました。そしてそれが楽曲的な意味合いでの今までの成功を導いてきたと言えると思います。アイビリーブはその点、一目で見て難しさがあるのが分かるフレンズです。角が立つ言い方を避けるのであれば、歌い手としての二人のキャラクターに差があります。もっとストレートに言ってしまうと、歌い手としての二人の実力に看破できない程の差があります。これは後からでは埋めようがないので、後は楽曲の方から普通とは違ったアプローチをして、何とかして歌として成立させるしかないと思います。……少なくとも、通常のボーカル楽曲を作るような考え方では良いものは出来ないと思います。

 

 ピュアパレットもハニーキャットもリフレクトムーンもラブミーティアも、この二人ならば無難に素晴らしい楽曲が出来る下地になり得るだろうということが想像に難くないフレンズでした。その意味で少なくともアイビリーブに関していえば、今後より一層作編曲の妙を試される機会が出来たと言っていいと思います。この課題に関してポピュラーの音楽にまつわる様々な人々がどう向き合っていくのか、少し楽しみでもあり不安でもあり……(正直に言うと今の所不安の方が大きいです)。

 色々なことを書きましたが、筆者は毎週アイカツフレンズ! を楽しみにしていますし、これからもアイカツを通して様々な楽曲に触れることが出来たらと思います。

 

※地の声……地声という単語を普段使っている声の意味で使われる方にとっては違和感のある表現かもですが、発声的な意味で特に地声という表現を使った場合は、地声区間の中でも、トレーニングによって得ることが出来る、その人に一つしかない最も豊かな声を差す事が多いです。この「豊かな」声の定義がまた難しいのですが……簡単に言えば、「地声」と「普段の喋り声」は違うものです。裏を返せば、普段の喋り声が地声でないケースも世の中にはいっぱいあります。

 

・アイカツ カテゴリーの記事一覧 - 試しにアニソンを聞いてみる。