試しにアニソンを聞いてみる。

ボーカルの視点から音楽を聞いてみる。りえさん本当に申し訳ありませんでした/ページ下部でカウンター稼働中。たまに見てみて下さい/・歌手の話まとめ→https://goo.gl/VN63Wb/コンテンツの使用などに関して問題があれば撤去しますのでお伝え下さい。ご連絡はhttps://twitter.com/yfyamvまで

日記:紅白歌合戦2017を振り返って

 今年の紅白は非常に無難な立ち上がりを見せました。毎度斜に構えたことが格好いいと思っている人々からは録音だと陰口をたたかれるほどの揃い方をするジャニーズ(僕も実態はよく知りませんが、他グループのソロパートを聞くに、多分生だと思います)と、非常にフォーマル寄りで美しい歌唱を見せたLittle Glee Monsterから始まって、演歌界の貴公子(らしい)山内恵介。E-girlsとSHISHAMOで少し生らしさが出てようやく紅白だなあという感じがしたんですけれども、その後も無難オブ無難な歌唱が続いて、去年同様、本当にこれはあの紅白なのか? あのNHKホールなのか? という疑問を抱かせるほどでした。

 

 初登場の丘みどりは一番のAメロこそ非常に細かい乱れなのかアレンジなのか分からない箇所が散見されましたが、全体を通して聴くと素晴らしいと言わざるを得ない出来だったように思います。特に発声が良いです。去年確か比較的まともな歌を歌っていたsexyzoneはソロパートがちょっとあれでしたけど、あれは歌が地味に聞こえて少し難しかったですからねー。しょうがないですね。

 SEKAI NO OWARIは最後に聞いたのが数年前とかだったのですが、あの包み込むような発声が随分と安定感を帯びていて驚かされました。随分と久しぶり(2005年ぶりらしいです)の登場となった倉木麻衣は本当に無難な歌を披露していました。

 初出場同士の組み合わせとなったTWICEと三浦大知は共に非常に安定感のあり嘘臭さのない仕上がりだったと思います。ただどこが録音パートでどこが歌唱パートなのか少しわかりづらかったですね。同じく初登場だったWANIMAも、正直どんな歌が来ても可笑しくないと思っていたのですが、聞いてみると非常に面白いところのある歌を綺麗に上手に歌っていたのでびっくりでした。

 歌唱面で飛びぬけていたのは島津亜矢ですかねー。かの有名なThe Rose(some say love~の曲です)をカヴァーしたということだったんですが、ジャンルの枠を超えた(というか演歌要素あったのでしょうか?)素晴らしい歌唱だったと思います。インパクト的には郷ひろみですかねー……踊りのことは一ミリも分からないんですが、登美丘高校の皆さんは本当に見事でした。

 西野カナは相変わらず地味ながらかなり難しい歌を歌っていましたね。あの女子高生みたいなファルセット、僕は嫌いではないです。

 他の歌手は良い方にも悪い方にも大体想像通りでしたかねー……。本当はガキ使を見たかったんだけど折角記事にするなら早い方がいいということで……まあそんなこんなで、相変わらずソース不明の得体のしれない内容のブログですけれど、これを読んでくださっている方に幸せな新年がありますように。少々唐突ですが、今年もよろしくお願いいたします。