試しにアニソンを聞いてみる。

ボーカルの視点から音楽を聞いてみる。AMP対応ページは文字が細かくて非常に読みづらいので、AMP版でやって来た方は出来れば通常版を開いてやってください(ご迷惑をおかけします)/ページ下部でカウンター稼働中。たまに見てみて下さい/・歌手の話まとめ→https://goo.gl/VN63Wb/コンテンツの使用などに関して問題があれば撤去しますのでお伝え下さい。ご連絡はhttps://twitter.com/yfyamvまで

(今更ながら)『ようこそジャパリパークへ』がMステに登場したことについて/イロドリミドリやバンドリなどの成功について思う事/他。

 随分昔の話ですが、見るからに低予算ながらに興味深い内容で大きな人気を博したアニメけものフレンズのオープニングテーマである『ようこそジャパリパークへ』を歌うどうぶつビスケッツ×PPPがMステに出演しました。披露した曲は勿論ようこそジャパリパークへなんですが、そのクオリティはというと……お世辞にも上手いとは言い難いというか、正直そこそこ熱心なけもフレファンであるところの筆者でも余りの出来に見ていて引いてしまいました。

 曲が始まる前のタモさんと出演声優たちによるの前座? も、台本には載ってなかったようですが、余り笑えないクオリティのものが出て来たと思いましたし、(「タモさんはイグアナのフレンズなんだねー!」の後の微妙な会場の空気が今でも忘れられません)そこに続く歌の出来栄えも、同時に出演した歌手や俳優陣のワイプ(右上の四角いあれの事です)内での表情が全てを物語っていたと思います。厳しい言葉を使えば、あれを素直に下手と感じられない人は歌を聞くセンスがないのではないか? などと思いました。センスというか、経験値の積み方の最初の一歩を間違えた結果なにも積み上げられなかった的な……(不快に思われた方は申し訳ないですが、あの出来を援護する真っ当な言葉は正直筆者にはまるで思いつきません)。

 自分のツイッターのTLでは比較的好評であったようですが、何と言うかつくづくアニメファンは歌を聞いているようで聞いていないんだなと思わされる出来事でした。アニメ音源を聞いている限りは良曲なんですけどねー……。平井堅も認めた名曲がまさか生だとあのような姿になっていようとは……。

 

 そしてこれも批判になってしまうので申し訳ないのですが、アニメファンが歌を聞いているようで聞いていないことに関連して、筆者はアニメ内バンド企画、アイドル企画の躍進が挙げられると思っています。アイマス、ラブライブ辺りに関しては比較的当たり障りのない(?)形で何遍もこのブログで言及してきましたが、個人的に今注目しているのはイロドリミドリとバンドリです。特にイロドリミドリに関しては、あの出来でもオタクからなら金を毟れるのかと、正直微妙な気持ちにならざるを得ないです。というかどっちにも関わっているエレガは……

 個人的にイロドリミドリが抱えていると思っている致命的な弱点として、ボーカルの軸になるキャラクターがいないことが挙げられます。起用された声優さん方はどの方もとても有名な方ですが、正直聞きどころのある歌を持っていると言える人は……特にガックシ来たのは福原綾香に対するエンジニアの仕上げの甘さです。わざと素人感を出しているのかもしれないので大きなことは言えませんが、デレステおよびアニメ版シンマスにおける福原綾香のようなクオリティの楽曲は全くやってこない、というか、もう完全に別人ですよね、あの仕上がりは……。別に別のキャラなんだから別人だっていいんです。いいんですけど、クオリティを下げてまで差別化することは考えづらいわけでして、要するにイロドリミドリの福原綾香の歌は、正直乱れすぎです。brilliant betterなんか乱れているとか言う以前の問題として曲になっているかどうかも怪しいと思います。Bang Babang Bang!!! もbrilliant betterほど酷くはないとはいえ…… 声質こえしつ には他のメンバーにない非常に輝くものがあるだけに、イロドリミドリという企画が彼女のポテンシャルを生かし切れていないのは残念極まりないです。Trancing Pulseをとりあえず聞いてくれと言いたい。

 逆に個人的に有りだと思うのは新田恵海演じる明坂芹菜、M・A・O演じる箱部なる、次いで高野麻里佳演じる月鈴白奈でしょうか。しかし3/6では今一頭数が合わないというか……それも別にひなビタの津田美波のように柱になれるほどのインパクトがあるというわけではありませんし……んー……。Change Our MIRAI! を最初に聞いたときは頭を抱えました。

 肯定的な材料もぶちまけておくと、イロドリミドリに見られた「成長」としては、佐倉薫の歌がそれに該当すると思います。まあ歌い手自身に変化があったのか、エンジニアが上手くなったのかは知る由もありませんが、きっと『私の中の幻想的世界観及びその顕現を想起させたある現実での出来事に関する一考察』からTRUSTの間で何らかの変化があったのだろうと思います。あるいはTRUSTはボーカル曲としてまとまりやすい楽曲だから仕上がりが良く聞こえるというだけの事なのかもしれませんが……因みに筆者は曲だけなら前者の方が好きです。あと、Session High⤴は、小さいながらなかなか良くまとまっていたと思います。これらの楽曲が、イロドリミドリの今後を占う好材料になればいいですね。ひなビタだって最初はかなりグダグダだったなあと個人的には思いますし……

 歌もの企画はボーカル音楽のことを深く理解している人がプロデュースしなければ根幹から崩壊するわけですし、僕はイロドリミドリの監修をしている方がどなたなのか存じ上げませんが、もしこれが意図的な配役なのだとしたら、なんというか随分思い切った、博打のような人選をして来たなあと思いました。(歌い手を有名人で固めている以上、替えになる人材がいなかったという作り手にはどうすることも出来ない条件ではなかったのだと思いますし……もっと歌の上手い無名の声優なんてたくさんいたんじゃないかと思います)一切ラジオなど聞かずに適当なことを抜かすのですが、多分最初は福原綾香をメインに添える予定だったんじゃないかなー……それで多少なりとも当てが外れたのではないかと思います。まあ、ここに書いてあること全部、所詮はどこの誰ともわからない人間の憶測にすぎませんけどねー。ただ、仮に福原綾香を有効活用できれば、神企画に進展する可能性はあるんじゃないかなと思います。

 そう言えば以前イヤホンのレビュー? をしたと思うのですが、あの後筆者の部屋の片隅から、6,7年前ぐらいに買ったヘッドフォンが発見されました。試しに聞いてみると……イヤホンとは世界が違いますね。オーテクのヘッドフォンなんですが、市場価格を調べようとしたところ方が古すぎて流通していないということで、価格.comが機能していませんでした。ただメーカー希望小売価格については大体30kということで目星がつきまして、まあいくら型が古いとはいえ、30kのイヤホンと30kのヘッドホン比べたらそりゃヘッドホンが勝つよなって話です。そういうわけで、最近は専らヘッドホンと50kのアンプを使って音楽を聴いています。……ダイソーイヤホンですか? まあ探せばどこかにはあると思いますよ捨てた覚えもありませんので……。

 そんなこんなで、切りもいいので今回はこんなところで。