試しにアニソンを聞いてみる。

ボーカルの視点から音楽を聞いてみる。ころあずとへごちんを間違えたのは私だ/ページ下部でカウンター稼働中。たまに見てみて下さい/・歌手の話まとめ→https://goo.gl/VN63Wb/コンテンツの使用などに関して問題があれば撤去しますのでお伝え下さい。ご連絡はhttps://twitter.com/yfyamvまで

謎の音ゲー「レジェンヌ」について思う事。番外編 セカンドライブ-Restart!- へ行ってきました。

 皆さまごきげんよう。今日(6/30)はレジェンヌのセカンドライブが高円寺で有りましたね。

 前回とはメンバーも全員違うという事で(最後にサプライズがありましたが……)、前回とはまた違った展開がみられるかなとは思っていたのですが……聞いていてまず第一に感じたのが北咲彪凛役の藤咲えりさんと、幻芭ゆら役の上間江望さんの歌の技術でした。藤咲さんはゲーム内で個人的に感じていた通り、先天的な声質こえしつ の良さをフォーマル寄りな発声に乗っけて美しい歌にするのがとても素敵だったのですが、それに加えて生でもあれだけ安定した歌を持っているとは……。前回もそうだったのですが、今回のメンバーに関しても生歌(私見ではマイクオフでもなければ被せでもない、綺麗な生歌が流れていたと思います)を聞くのは初めてで、その中でも藤咲さんの歌は正直に言うと想像以上の出来だったと感じました。(強いて言うならBe a star!のリズム面が若干ファジーだったかな? とは感じましたが、まああの歌は難しいですし……重箱の隅をつつくような話ですね。)上間さんに関しても藤咲さんと歌としての方向性の違いはあれど、感想としては殆ど同じで、「日本語のポピュラー」というレギュレーションが綺麗に当てはまるような器用で発展性のある歌の中で自らの能力を発揮されるその姿はとても素晴らしかったです。あのような舞台で楽曲を細やかな声の表情やブレスまで含めて一貫した「歌」にしてしまう、そこにはポップスと言う狭いと思われがちな世界の中での、実は奥深い真髄部分に迫ることが出来るような、本当に素晴らしい技術の結集がありました。一言でまとめるなら、上間さんはゲーム内で聞いて私が把握していた以上に、本当に歌が上手かった! ゲーム内では比較的線の細い代わりに安定した歌、という印象を受けることが多かったのですが、またこうした機会があれば、熱唱する上間さんの姿を見てみたいですね。

 他方で布袋はつ飛ちゃん役の柏山奈々美さんに関しては、元々声を作るところのある歌い手さんだけに生歌を聞くのは正直厳しい部分があるのではないかと勝手に想像していたのですが、実際に聞いてみると特段そんなことはなく、非常に手堅く無難な歌が仕上がっていたことと思います。

 

 さて、個人的に今回のライブで一番気になった、というより、自分の中ではっきりとしたのは、(以前も論点として挙げさせていただいたのですが)「歌のキー」問題ですね。やはり8人全員で同じキーで歌を歌うとなると、他の人とキーの合わない誰かしらが損な役回りをすることになると思いますし、それがレジェンヌの場合は木村千咲さんと柏山奈々美さんなのではないかと、ゲーム内でシャングリラを聞いたあたりから薄々感じていました。感じてはいましたが、それも結局は広い意味で言う「歌の技術」の問題に帰着するのではないかと、心のどこかで信じていた自分がいたのも確かです。

 しかし、今日柏山さんのシャングリラを聞いて、やっぱりこの歌い手さんは低い音域だと本来のパフォーマンスが発揮できないのではないかと強く感じました。他の歌い手さんは裏声で処理してらっしゃったシャングリラのAメロを綺麗に一続きで歌い上げるその姿には、今まで私が想像したことがなかった柏山さんの側面が美しく現れていたと思いますし、そこにとても大きな魅力と可能性を感じました。一言で言うならば、柏山さんのもっとこういう歌が聞きたい! です。……ただ、全員でキーを合わせる理由も分かるので、こればっかりは難しい問題ですね。

 

 そしてライブ最終盤で表れたのは七瀬りりこさん! 最後の最後に藤咲さんと共に、人間業とは思えないBe a star!を聞かせて頂きました。うーん、上手すぎる……聞いていて圧倒されました。

 前回のライブで聞いてから個人的にお気に入りだった楽曲「焦点」も、上間さんと柏山さんのデュエットで披露されました。決して難のある歌唱だったとは思いませんでしたが、音域的には余裕がある中でも、歌うのには難しさのある楽曲なんだなということをお二方の歌を通して感じさせられました。……やっぱり好きな歌がライブで聞けるというのはうれしい事ですね。

 

 そして、今回もまた懲りずに席が隣り合った方と軽く話をさせて頂きました。その方は別の県からいらしていたみたいで、帰り道を高円寺から新宿までご一緒したのですが、こうして広いエリアから来客者の方がいらっしゃっているというのはとても素晴らしいことだなと思います。それにしても、無線なので多少変な音を拾うのは仕方ないにせよ、歌唱中にマイクがぶちぶち言わなくて本当によかったですねー……。

 

 総合的に判断して、これで4000円は安い! というのが今回の感想です。セトリとかもうちょっと詳しいレポートは、公式さんとか他のブロガー様が用意してくれると思うのでそちらを参考にしてくだしあ……><(あんまり中身のない話題で2000字も書いてしまいもうしわけない……)

 

 そして、7月にはなんと早くもサードライブの予定があるとのことで、今から期待に胸が高鳴ります……それではまた今度!

 

・謎の音ゲー「レジェンヌ」について思う事。番外編 FIRST LIVEへ行ってきました。 - 試しにアニソンを聞いてみる。

歌手の話 Wake Up, Girls!(少女交響曲、素顔でKISS ME、スキノスキルなど)

※記事が小さくまとまってしまったので、後日加筆しておくかもです。

 このグループは今までの発展の過程において変わった経緯を持っている。グループ名と同名のアニメ Wake Up, Girls! に登場し、その後独自のタイアップを獲得するなどして独立した音楽グループとなった。そんな彼女たちの歌声には中々に存在感があり、バランス感、パワー(一般に受け入れられるかは微妙だが、個人的には歌はパワー! を信条に楽曲を聞いているので、このワードを好んで使っている)共によくあるキャラものとして以上の出来栄えの良さを誇る楽曲が多々存在している。

 

www.youtube.com

 

(Wake Up, Girls! / 少女交響曲)

 

 アイドル系音楽ユニットには必ず(と言っていいほど)、キャラとして楽曲を盛り立てる役と、歌で音楽を引っ張る役が楽曲の中に併存しているが、歌を聞く限りでは、Wake Up, Girls! の場合皆が歌で音楽を引っ張る役割を担える程度の歌の力を持っていることが最大の特徴でもある。その中でも林田藍里や岡本未夕、片山実波は作られた声の存在感が非常に明確で、とてもアニメ系アイドル音楽ユニットらしい性格を持った歌い手だと思う。対称的に自由に歌わせればある程度の発声的な正しさを持つであろう熱唱型の七瀬佳乃と島田真夢は、声に底力を感じる面と少し声が埋もれがちな面を同時に感じる(CDに収まっている音源だとどうしても皆声を作る傾向が強いので直前に上げた二人は個性を感じにくいし、声優らしさという点で声質こえしつ に他のメンバーのような特徴があるとは言い難いものがある分地味に聞こえるが、ライブ風音源では特に7 Girls Warや少女交響曲、タチアガレ! のCメロソロパートなどその二人が力強さを発揮する場面も多々有ったりして中々興味深い)。

 

www.youtube.com

(素顔でKISS ME)

  インスト的に凝ったものが多いのもこのグループの特徴だと思う。音楽はMONACAが担当しており、メロディアスでありながら聞けば聞くほど発見があり楽しくなるような渋い楽曲が多い。素顔でKISS MEはWake Up, Girls! 名義の楽曲の中では個人的にお気に入りの楽曲で、裏で唸るベース音や三連符のリズム、リズミカルな歌詞が一際楽曲の個性を増長している。

 

 

www.youtube.com

(スキノスキル)

 スキノスキルは『デスマーチからはじまる異世界狂想曲』のタイアップ楽曲であり、その辺りが意識されてかどことなく民族音楽的情緒漂う楽曲に仕上がっていることと思う。(少し話は逸れるが)具体的には楽器であり3拍子でありというところだと思うのだが、楽器の方はともかく3拍子がファンタジーっぽいという印象が果たしてどこから来ているのか筆者の中では今一定かではない部分がある。(古くから伝わる欧州辺りの民俗音楽の影響なのかもしれないし、あるいはもしかしたらアトリエシリーズ辺りから来ているただの印象に過ぎない可能性も否定できない)それはともかく、Aメロ後半から入って来るバスのポリリズム的な(厳密には3拍子を3連符として再解釈した上で、3連符x4拍子を4分音符x3拍子に更に置き換えた上で4分の強拍上にバスが載っている、と筆者は考えたわけであるが、果たしてこれが正しいかあまり自信がないので有識者の見解を待ちたい)要素が3拍子と言うJPOPにとって見慣れない拍子への違和感を薄くしているであろうことは着目に値するし、サビでもちゃっかり同じ音が同じ役割を担っていてリズム的に楽曲の魅力が一層引き立てられている。歌唱的には作った声が埋もれづらい楽器構成の中で各々の歌い手がわりかし自由度をもって歌っており、アイドル音楽的な部分とアニソン的な部分を上手に跨いだ楽曲になっている。

 

 社会現象を巻き起こしたともいわれるμ'sやAqoursと比べると波及力の点ではどうしても及ばないと思われるWake Up, Girls! だが、音楽(特にアニメソング)を聞く者としてはどうしても見過ごせない存在感を持っている。それは作編曲から来る部分も勿論のこと、歌唱の技術から来る部分も大きく、声優と歌手という二足のわらじを履くことになりどうしても歌唱の方がわりを食いがちな部分があるアニメ系アイドルグループの歌い手としては貴重な、「歌えるメンバー」的存在であることは確かだろう。

 

・アニソン-歌い手の話 カテゴリーの記事一覧 - 試しにアニソンを聞いてみる。

歌手の話 坂本真綾(buddy、幸せについて私が知っている5つの方法、トライアングラーなど) - 試しにアニソンを聞いてみる。

(とりあえず小松未可子→ここ→坂本真綾にしておきました)